藤沢市で鍼灸治療・美容鍼灸なら

吉田鍼灸院

〒251-0031 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷1-4-15エスポワール湘南1階
(江ノ電柳小路駅から徒歩30秒)駐車場あり

営業時間
9:00〜20:00
休業日
現在不定休です

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0466-28-1880

鍼灸と脳の関係と、痛みを和らげるエンドルフィンについて

鍼灸は脳にも作用している

脳の神経を表したイラスト

鍼灸のイメージとしては、痛いところに鍼をして痛みを緩和する。

そんなイメージを持っている方が多いのではないかと思います。

しかし、鍼灸は、人体の中枢部である脳にも作用して、自律神経を整えたり、痛みを緩和させる物質を脳内で分泌させています。

まずは、脳内でどのような現象が起きているかを見ていきましょう。

鍼灸を受けると、脳内モルヒネ物質と言われる「エンドルフィン」が脳の大切な部分である視床下部で分泌されます。

視床下部とはここです↓

 
脳の断面図で視床下部を説明したイラスト

黄色いマークで囲った部分が視床下部です。

ここからエンドルフィンが分泌されて、痛みを緩和したりしてくれるので、正義の味方のような存在です。

つらい痛みを感じているのは脳です。

痛みを感じているのは、脳なんです。

足が痛くても、実は脳が感じているんですね。

人体は不思議なんですね。

脳のどの部分で感じているかというと、脳の体性感覚野という部分で感じております。

下のイラストをご覧ください。

脳のイラストで体性感覚野を表したイラスト

例えば、足をケガしたとしても、その伝達が体性感覚野にいって、ここが痛いです。と感じているんですよ。

これは、実はとても大切なことであります。

痛いのは、だれでも嫌なことですが、この痛みがあるからこそ、そこを動かさないようにしたり、治療が必要と気付き回復していきます。

このブログで人体の仕組みをお伝えしていることには、意味があります。

自分自身のお体がどうなっているかを疑問に思い理解するは、治癒への近道となっていくからです。

長引く痛みは、自律神経をアンバランスにする

長引く不快な痛みなどの感覚は、脳の感覚野で感じております。

そして自律神経の中枢である、視床下部にも影響して、自律神経のバランスをも崩してしまいます。

だから、できるだけ早期に痛みを取り除く必要があります。

また痛みは、痛みの悪循環をおこしてしまいます。

痛みは、人にストレスを与えます。

ずーっと痛みがあったら、それは本当にストレスです。

なるべく早く改善するためにも、当院の施術を利用していただきたいです。

改善する方は、ポジティブな方が多い

病は気からという言葉のように、気持ちがポジティブであれば、病も回復しやすいです。

Aさん 『2日も痛みが和らぎました!良くなるかも!』

Bさん 『2日しか効果がもたなかった。本当に良くなるのかなぁ?』

Aさんの捉え方は、お体への変化をポジティブに捉えております。

心に余裕をもって、現在の自分と向き合っていくと、症状が改善しやすいのは事実であります。

そしてお体の不調は、今までの生活を振り返りこれからの健康で素晴らしい生活を送っていくために変わることのできるチャンスであります。

ピンチはチャンス。鍼灸にご興味をもたれたということは、今後の生活に変化を加えるチャンスであります。

まとめ

・鍼灸は脳にも作用しており、脳内モルヒネ物質と言われるエンドルフィンが視床下部で分泌される。

・痛みを感じているのは、お体のどこであれ脳で感じている。

・痛みが長引くと、自律神経のバランスを崩してしまうので、早期の治療が望ましい。

・改善する人は、どんな状況であっても症状をポジティブに捉える人が多い。

ご予約・お問合せはこちら

笑顔の男性が予約のため電話をかけようとしているところ

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0466-28-1880

受付時間:9:00〜20:00
定休日:木曜日午後 ※他は不定休です。